デジタルJ-POPの楽器構成 (summer heat)

お久しぶりです。大川みずきです。

仕事をするようになってしまい、曲を作る時間が取れなくなりましたが、
今回の夏コミでなんとかデジタルJ-POP(だと思いたい)を作ったので
少し解説(音源とかそれもサビだけ)的なことを書こうと思います。

この曲です。(ボーカルはkisakiさん)


とは言ったもののあんまり文章がうまくないので参考音源と解説という形で進めます。

コードは
C|Dsus4|Em|C|Bm7|Em C|Dsus4|Em|Am|Bm|C|D x2
Esus4
みたいな感じ。
下記に出てくる()は音源のプリセット名です。
参考音源はSoundCloudからダウンロードすると高音質で聞けます。(WAV)

リズム

4つ打ちのキックに2拍4拍のクラップ。裏打ちのオープンハイハットにフィルのタムがメインです。後は左にシェイカーと右にクローズハイハットでチキチキした感じにしてます。

FX系の音で今回サビに入っているドーンって音は
タムにリバーブを深くかけて鳴らしてます。
一般的にキックにかけてる場合のほうが多いです。
後はリバースシンバルとかアップリフターとか鳴らしてます。

コーンって音はMassiveのプリセットから作りました

今回使用サンプリング
Activa Trance Essentials (クラッシュシンバル)
Dave Parkinson Trance Essentials (ドラムループ、クラップ)
Leviathan (タム、FX)
Leviathan 2 (FX)
M1 (サビの最後のFX「Clicker」というプリセット)
Max Braiman Trance Essentials (シェイカー、ハイハット)
Sean Tyas Kick Essentials Volume 1 (キック)
Vengeance Essential Clubsounds Vol.5 (リバースシンバル)

シンセベース

今回は基本8分で16分が混ざってくる感じです。Electra2ってシンセを使いました。
ステレオ100%のベースを使ってます。

スーパーソー

程よく刻む感じです。これもElectra2ってシンセで鳴らしてます。
なんかフェーザーがかかってるみたいに聞こえますが、これはSoundcloudのせいです。

ピアノ

符点8分的な刻み。Synth Anthology 2のPiano800を使いました。

エレキギター

パワーコードと8分で刻んでます。音源はShreddage 2で
アンプはAmplitube 3のMetal Lead Vを使ってます。
パンはL100%R100%で完全にステレオ

その他
16分のアルペジオ(Wavetabler MF)とゲートがかかってるシンセはElectra2。
4分でなってるシンセストリングスはXpand!2(Spiccato Strings Down+)と
M1(ArcoString)。
シンセベルはWAVESTATIONx3(Harp&Bell 2、Bell Chorus、MegaBright Pad)。

 まとめ

すべて鳴らすとこんな感じです。


途中からすごくやる気がない感じになりましたが
語彙力のなさでこうなりました。

参考にするなり焼くなり質問するなりは自由ですのでお願いします。

道場破りお待ちしております。





付録 使用音源・サンプリング
サンプリング
Activa Trance Essentials
Dave Parkinson Trance Essentials
Leviathan
Leviathan 2
Max Braiman Trance Essentials
Sean Tyas Kick Essentials Volume 1
Vengeance Essential Clubsounds Vol.5

音源
Air Music Technology Xpand!2
Impact Soundworks Shreddage 2
KORG M1
KORG WAVESTATION
Native Instruments KONTAKT 5
Native Instruments MASSIVE
Orange Tree Samples Evolution Flatpick 6
Presonus SampleOne
Tone2 Electra2
Tone2 Icarus
UVI Workstation 3
UVI Synth Anthology 2

エフェクト
ArtsAcoustic Reverb
Celemony Melodyne 4 Essential
IK Multimedia Amplitube 3
IK Multimedia T-Racks CS Metering
Ohm Force Ohmicide
Presonus X-Trem
Waves Doubler
Waves H-Comp
Waves H-Delay
Waves H-EQ
Waves L3-LL Ultra
Waves Renaissance Axx
Waves Renaissance Comp
Waves Renaissance DeEsser
Waves Renaissance Vox
Waves Vocal Rider






コメント

このブログの人気の投稿

使用機器のページを作成しました

デジタルJ-POPのパート解説 (past mistakes/バラード)

オーディオインターフェースのレイテンシについて