スキップしてメイン コンテンツに移動

オーディオインターフェースのレイテンシについて

2018年1回目の投稿です。

オーディオインターフェースの調子が悪く買い替えることにしたのですが、
ふとレイテンシを縮めるとどれくらいのCPU負荷になるのか気になったので
スクリーンショットを掲載することにしました。

その関係でページが長いのでお気を付けください。
とても見づらいです。

パソコンのスペックは以下の通り


PC
CPUAMD Ryzen 5 1600 3.7GHz(OC)
MEM
 
Transcend PC4-17000 8GB TS1GLH64V1H x2 DDR4-2667(OC)
MBBIOSTAR B350GT3
SSDCrucial CT240BX200SSD1 240GB
HDDWestern Digital WD10EZEX 1TB
GPUASUS GT1030-SL-2G-BRK
Audio I/FTASCAM US-122MKII
Audio I/F 2ESI U22 XT

プロジェクトファイルは冬コミで発表した「NANAIRO」のodysseyで
データをとりました。
プロジェクトはこんな感じ

DAWはStudio One 3.5.4 x64で60トラックぐらいです。
試聴はこちら



良かったらきいてください。
ではスクリーンショットです。

US-122MKIIから

US-122MKII 49サンプル

最小の49サンプル
見てわかる通りなんですが、レイテンシを最小に設定してもいまいち短くなりません。
(借り物なのでこんなことを言ってはいけないのですが)
CPUも使い切ってしまい、ブチブチ音が途切れました。






US-122MKII 64サンプル

 
64サンプル
なぜか出力レイテンシが505サンプルになっていますが、ギリギリ鳴らすことはできます。
鳴らしながらシンセを開くことはできませんが。







US-122MKII 128サンプル
128サンプル
レイテンシが大きい分少し余裕ができているので、再生しながら作業ができます。












US-122MKII 256サンプル

256サンプル
とにかくレイテンシが大きいので余裕があります。鍵盤で入力するときにレイテンシを意識しないとずれます。










US-122MKII 512サンプル
512サンプル
言うことがありません。












次にESI U22 XTです。
32サンプルは音がおかしいため飛ばします。

U22 XT 64サンプル
64サンプル
ギリギリ鳴らすことはできます。
鳴らしながらシンセを開くことはできませんが。こちらのレイテンシはしっかり64サンプル








U22 XT 128サンプル

























128サンプル
レイテンシが大きい分少し余裕ができているので、再生しながら作業ができます。
というか、こんなにレイテンシが短いのかと驚きました。








U22 XT 256サンプル
256サンプル
TASCAMのインターフェースがおかしいのか出力レイテンシが49サンプルと同等です。
これなら鍵盤を鳴らしても不自然ではないありません。







U22 XT 512サンプル
512サンプル
とにかく余裕があります。鍵盤で入力するときにレイテンシを意識しないとずれます。











まとめ
256サンプルぐらいにセットすればCPUに無理をさせず
程々のレイテンシで済むことがわかりました。

TASCAMのオーディオインターフェースはレイテンシが大きい傾向が
あるのかもしれません。レイテンシを小さくしたい人にはお勧めできません。

比較で用いたESI U22 XTもなぜかFL Studio 11で動作しなかったため、
もしかしたらFL Studioでは動かないのかもしれません。
後日FL Studio 12でもテストします。

追加
テストし直したところ、最新のドライバではFL Studioが動かないことが
判明しました。古いドライバをインストールすることで使用できるように
なりました。





コメント

このブログの人気の投稿

Corsair MP510とIntel DC P3600のCrystalDiskMark

お久しぶりです。今回はCrystalDiskMarkでSSDの速度を測定した結果を載せるだけの回です。 SSDによって書き込まれているデータ量が違うのであんまり参考にならないと思います。 読み込み速度 書き込み速度  読み込み速度 機器名 Read/Write Seq Q32T1 [MB/s] 4KiB Q8T8 [MB/s] 4KiB Q32T1 [MB/s] 4KiB Q1T1 [MB/s] Corsair MP510 960GB Read 3473.4 1478 316.3 47.12 Intel DC P3600 1.2TB Read 2496.5 1456.4 308.1 40.02 Crucial BX200 240GB Read 550.3 291.2 125.1 22.93 ADATA SU650 960GB Read 561.3 322.1 127.5 33.23 Crucial MX300 1050GB Read 534.9 381.6 241.7 28.55 Micron 1100 2TB Read 535 381.5 239.4 28.62  書き込み速度 機器名 Read/Write Seq Q32T1 [MB/s] 4KiB Q8T8 [MB/s] 4KiB Q32T1 [MB/s] 4KiB Q1T1 [MB/s] Corsair MP510 960GB Write 2858.2 1224.1 177 125.3 Intel DC P3600 1.2TB Write 1257 742.1 250.4 168.1 Crucial BX200 240GB Write 498.5 333.9 102 60.14 ADATA SU650 960GB Write 525.8 312 113.5 73.79 Crucial MX300 1050GB Write 506.9 332.9 194.6 100.5 Micron 1100 2TB Write 512.1 264.5 194.5 97.41  CrystalDiskMarkのスクリーンショット MP510 960GB DC P3600 1.2TB ここからは参考記録。 Cruci

デジタルJ-POPのパート解説 (past mistakes/バラード)

今年最後の更新です。大川みずきです。 昨年アルバムをつくりまして、今回はその2曲目の解説を行います。 前回はアップテンポな曲の解説でした。 デジタルJ-POPの楽器構成 (summer heat) https://www.ohkawa.link/2018/08/j-pop-summer-heat.html past mistakes Mizuki Ohkawa · 里蘭花 - past mistakes 楽曲はBPM 109の4分の4拍子で90年代風打ち込みバラードっぽく作りました。 サビはGm|Eb|F|Bb・F/A。6451です。 まずドラムからです。 大川村 · past mistakes - Drums   大川村 · past mistakes - FX キックは4つ打ち。ハイハットは16分32分を混ぜつつオープンハイハットは常に裏で鳴らします。 アクセントとしてAメロBメロはタンバリン、サビはスレイベル(?)を4拍目に置いてます。 また、うっすらドラムループ素材を流してます。これはディストーションとバンドパスフィルタをかけてほかの音を邪魔しないようにしています。入れないと寂しい感じになるので。 FX素材はインパクト系の音(キックに深いリバーブをかけたような音)とスイープアップ、リバースシンバルを鳴らしています。 特にサンプリング素材の加工はしてません。(ドラムループくらい) シンセベース 大川村 · past mistakes - Bass 基本は8分で16分を少しだけ混ぜる感じです。ここは難しいことはせずルート音で鳴らしてます。 音色はステレオ感の強い、ベンベンなっている音です。これはElectra2で鳴らしています。 ユニゾンは9に設定してほどほどのデチューンとフィルタエンベローブを設定するとこんな感じになります。 ここ3年くらいベースの音は変わってません。 ピアノ 大川村 · past mistakes - Piano リフはサビメロディをなぞって、パンをセンタよりにしてピンポンディレイをかけて広げてます。Addictive KeysのStudio Grandの自作プリセットを使用 バッキングはイントロだけアルペジオ、そのあとはコードを付点八分でと八分でならす感じです。 JV-880のA.Pi